ABOUT ミシン刺しとは

股ずれミシン刺し

ミシン刺しとは、破れの裏側に、補強を目的とする布を当てて、布と類似する糸を使用して、上から下へ、下から上へ、また上から下へ・・と上下に縫い込んでいく補修方法です。この方法は、ミシンの技術により品質に大きく差が出ます。当社は①極めてまっすぐ縫う②糸の糸の間隔は平行を保つ③糸と糸を等間隔で縫うことに取り組んでいます。高いレベルで実践しつづけることは、容易なことではありませんが、この実現に愚直に取り組んでおり、精度の高い仕上がりに、きっと驚いて頂けると思います。「ミシン刺し」は一般的には、お直しの“脇役”ですが、ミシン刺し専任のチームを編成し、工夫を重ね、日々の訓練において、品質を最大限に高めるよう努めています。 *ミシン刺しにより、新品の状態に戻すことは出来ません。修理痕が残ります。修理痕の程度を修理事例でご確認下さい。

こだわり①

⽣地に縫い込む⽷が極めて細かく、⽷と⽷の間隔を最⼤限均⼀に保つことで、⽣地になじむように丁寧に⼿掛けることが最⼤の特徴です。

当社の「またずれミシン刺し」

丁寧

雑な「またずれミシン刺し」

*ミシン縫いがほとんど曲がらず限りなく直線です。
*縫った糸と糸の間隔が極めて同じ間隔で平行です。
*ミシンが届かない場所は、曲がることがあります。
(股ずれの場合は、ほとんど曲がりません)

雑な「またずれミシン刺し」

雑な「またずれミシン刺し」

*ミシン縫いが曲がり、糸と糸の間隔がばらばらです。修理痕が目立ち、強度も不足します。

こだわり②

ミシン刺しの専任チームが対応します。作業者による品質のばらつきが少ないです。

こだわり③

グレー・ネイビー・ブラウン統の⽷の⾊をほぼ全⾊(国産主要メーカー)保有しています。その中からご依頼品に近い⾊を厳選して使⽤します。

こだわり④

修理事例を様々な視点から豊富に掲載し、品質を正確にお伝えするように、情報開⽰を⾏っております。

こだわり⑤

簡単に注⽂いただけますように、郵送オーダーの⽅法を、シンプルにしています。

「共布」をご⽤意下さい

共布(同じ⽣地の残布)をご⽤意下さい。
共布とは、品物と同じ⽣地の残布(はぎれ)です。⽳・破れの裏側に、補強の為のあて布として共布を使⽤します。特に、⽳が貫通している場合は、その⽳から、あて布が⾒えますので、別の布を使⽤するよりも、品物と同じ⽣地を使⽤した⽅が、修理痕が⽬⽴ちません。購⼊された際に、予備の布として付いている場合もありますし、裾上げした際の、あまり布として、返却されている場合があります。 *共布がなくても修理可能です。

共布(同じ⽣地の残布)

このように、⼩さいビニール袋に包装されていることが多いです。

共布ない場合 その①

裾の折り返し中から共布を調達します。
裾は、⽣地が内側に折り返して作られていますが、その折り返してあるところから、共布を調達して使⽤します。着⽤時には、外から⾒えない場所です。 *別途¥1,000(税別)かかります。

裾の折り返し中から共布を調達します。

裾の中側の画像です。この中から共布を調達します。外側から⾒えない場所です。

共布ない場合 その②

当社が保有するの類似した布で代⽤します。
裾などから共布を調達することが出来ない場合や、共布を使⽤しなくても品質に差が出ない時は、当社の⽣地で代⽤します。 *別途⽣地代⾦はかかりません(サービス)

当社が保有するの類似した布で代⽤します。

100種類以上の予備の⽣地をご⽤意しておりますが、共布には劣りますので、可能なかがり共布での修理をお勧めしております。

ストライプの補⾜縫い

消えたストライプを補うことが出来ます。
ミシン刺しで、ストライプが薄くなったり、消えてしまう場合があります。そのストライプと類似する⾊の⽷で縫うことで、疑似的にストライプを補う修理を⾏っています。 *別途¥500(税別)〜かかります。

股ずれを防止する「シック」装着

股部の破れを軽減する為に、股の内側に(補修とは別に)「シック」と⾔う別布を装着します。蒸れて弱くなった⽣地に、外側、もしくは内側に摩擦が加わることで弱くなった⽣地に、⼒が加わり破けることが要因であると⾔われています。原因が内側からの摩擦にある場合は、シックの装着は効果を発揮します。 *シック装着料⾦:¥1,200(税別)

またずれを軽減する「シック」の装着

少し⼤きめのシックをご⽤意しています。

修理痕が目立つ生地

⽣地は、仕上がりの質に影響を及ぼします。
❶⽣地の⾊の濃淡
⿊・濃紺・チャコールグレーなど濃い⾊に⽅が、修理痕が⽬⽴ちにくいです。明るい⾊は⽬⽴ちます。
❷ストライプの有無
ストライプは、ストライプが薄くなったり、消えてしまうことがあります。模様がある⽣地は、模様を復元できませんので、修理痕がはっきり残ります。 *修理痕が目立たない、目立つの基準はお客様により異なりますので、修理事例を沢山ご覧頂き注文するか否かご判断下さいますようお願い申し上げます。

修理痕が目立つ破れの症状

❶破れが小さい方が修理痕が目立ちのにくいですので、早めのご相談を推奨しています。
❷穴・破れの貫通度合い
(A)ぽっかりと穴があいている
(B)穴があるが薄くなった生地が残っている
(C)生地が薄くなっているが穴はあいていない(A)➡(B)➡(C)の順で目立ちます。 *(A)と(B)は共布を使⽤することお勧めします。

⽬⽴ちにくい・⽬⽴つ⼀覧

目立つ C A B C
生地 色の濃淡

紺系
濃い
普通
明るい
グレー系 濃い
普通
明るい
茶系 濃い
普通
明るい
模様 無地(模様なし)
ストライプ
生地 穴・破れの大きさ 大きい
普通
小さい
穴・破れの貫通具合 ぽっかりと穴が貫通している
穴が空いているが、網目状の生地が残っている
生地が薄くなっているが、穴は空いていない
場所 穴・破れが、股にある
穴・破れが、尻にある