WORKS 修理事例

修理事例を生地の色ごとに整理しました

*該当する色のボタンを押して下さい

青ストライプのパンツ 青ストライプのパンツ
ズボン(紺/ストライプ)の股下(左右両側2箇所)の破れ修理です。共布を使用しています。破れた穴の裏側から共布を当てていますが、ストライプ生地の場合、断絶したストライプの位置を合わせることを試みますが、生地が歪んでいる為にストライプがずれてしまったり、消えることがあります。¥3,300(税別)
青いズボン股下 青いズボン股下
スーツパンツ(青)の股下(片側)の破れ補修です。共布を使用しています。少し凹凸のある生地の方が違和感なく仕上げることが出来ます。是非画像を拡大してご覧頂ければと思います。ミシンで縫い込んでいる無数の糸は、丁寧に細かくしっかりと縫われていることがお分かり頂けるかと思います。¥2,000(税別)
スーツのズボン(紺/ストライプ)の股(左右両側)のミシン補修です。共布を使用して修理しました。生地をアイロンで整えて断絶しているストライプを合わせることが難しい作業です。(患部の状態や共布の有無で、ストライプが消えたり、つながらないことも多々ありますのでご承知下さい)修理金額は¥3,300(税別)
グレーパンツ股ぐりの修理 グレーパンツ股ぐりの修理
スーツズボン(グレー)の股(片側)の破れ修理ですです。あて布に共布を使用しました。完璧に仕上がりました。破れ箇所の状態×生地の特徴が仕上がりに影響しますので、修理痕が目立つ品物、目立たない品物があり、仕上がりの状態に優劣があります。¥2,500(税別)
黒パンツ股の穴補修 黒パンツ股の穴補修
スーツズボン(黒/小さいチェック)の股下(左右両側2箇所)の破れ補修です。当社にストックしている黒い無地の布を充て布として使用しています。まだ残っている“横糸”も丁寧にアイロンをかけて再利用しています。黒い生地、もしくは、破れてはいるものの、まだ横糸が残っている状態ですと共布を使用した場合と同様の仕上がりになります。¥3,300(税別)
ネイビーパンツのミシン刺し ネイビーパンツのミシン刺し
スーツズボン(紺)の股(片側1箇所)の穴修理です。”ぽっかり”と穴が大きく貫通している場合は、同じ生地=共布を使用することをおすすめ致します。共布を紛失してしまった場合は、裾やポケットの中から調達します。画像の事例は裾から共布を調達しました。こちらの事例のように穴の症状により修理箇所に段差ができる場合があります。それでもまた着用して頂けるレベルにまで回復していると思っております。穴が開いている個所を含む広範囲に糸を入れて強度を維持できるように心がけております。¥3,000(税別) (内訳:股の片側のミシン刺し:¥2,000 共布を裾から調達する:¥1,000)
グレーパンツの穴の修理 グレーパンツの穴の修理
スーツのズボン(グレー/ストライプ)の股(両側2箇所)の穴の修理です。共布を裾から調達して当て布に使用しています。ストライプを合わせて違和感なく仕上げることが出来ました。生地が歪んでしまっているとストライプが合わなくなることがあります。やはり貫通した穴は、共布=品物と同じ生地を使用した方が、修理箇所がなじみます。修理金額¥4,300(税別)
グレー格子 グレー格子
スーツズボン(グレー/格子柄)の股(両側2箇所)の破れ補修です。あて布には類似する布(サービス)を活用して補修しました。¥¥3,300(税別)
黒スーツ股破れ修理 黒スーツ股破れ修理
スーツパンツ(黒)の股(片側)の破れ補修です。共布ではなく類似する生地をあて布として使用した事例です。黒など暗い色の生地は修理痕が目立ちにくいです。穴が小さい段階でのご相談をおすすめさせて頂いております。¥2,000(税別)
股修理(ネイビー) 股修理(ネイビー)
スーツパンツ(青/チェック)の股(両側2箇所)の破れ補修です。類似する布を充て布として使用しています。まだ残っている“横糸”も利用しています。あて布はチェックの共布ではなく、無地の類似布ですのでので、よく見るとチェックは消えていますが、馴染んでいると思います。スマホのお客様は、是非拡大してご覧下さいませ!¥3,300(税別)