WORKS 修理事例

BLACK

修理事例を生地の色ごとに整理しました

*該当する色のボタンを押して下さい

黒パンツ股の穴補修 黒パンツ股の穴補修
スーツズボン(黒/小さいチェック)の股下(左右両側2箇所)の破れ補修です。当社にストックしている黒い無地の布を充て布として使用しています。まだ残っている“横糸”も丁寧にアイロンをかけて再利用しています。黒い生地、もしくは、破れてはいるものの、まだ横糸が残っている状態ですと共布を使用した場合と同様の仕上がりになります。¥3,300(税別)
黒スーツ股破れ修理 黒スーツ股破れ修理
スーツパンツ(黒)の股(片側)の破れ補修です。共布ではなく類似する生地をあて布として使用した事例です。黒など暗い色の生地は修理痕が目立ちにくいです。穴が小さい段階でのご相談をおすすめさせて頂いております。¥2,000(税別)
スーツ股修理(ブラック) スーツ股修理(ブラック)
スーツパンツ(黒/薄いストライプ)の股(両側2箇所)の破れ修理です。当て布は類似する布を使用。ストライプでしたが馴染んでいると思います。勿論強度も問題ありません。穴が小さい段階、摩耗しているけど穴が貫通していない場合の方が、綺麗に仕上がります。¥3,300(税別)
パンツ股修理(ブラックストライプ) パンツ股修理(ブラックストライプ)
スーツパンツ(黒/薄いストライプ)の股(両側2箇所)の破れ補修です。あて布は共布を使用しました(*裾の内側から調達)やはり共布を使用した方が綺麗に仕上げることができます。*股のミシン刺し(左右)¥3,300(税別)*共布を裾から調達する¥1,000(税別)合計¥4,300(税別)
スーツ破れ直し(ブラックストライプ) スーツ破れ直し(ブラックストライプ)
スーツパンツ(黒/ストライプ)の股下(両側2箇所)の破れ修理です。当て布には、裾から調達した共布を使用しています。ストライプも綺麗につながり、目立つことなく修復できました。破れ箇所だけではなく広範囲わたり非常に細かい間隔で糸がはいぅているのにお気づきでしょうか?強度を保つために穴の周囲にも糸を入れます。¥4,300(税別)
股下破れ直し(ブラック) 股下破れ直し(ブラック)
スーツパンツ(黒)の股(両側2箇所)の破れ補修です。共布ではなく類似する生地を充て布として使用しています。黒色のパンツは、穴が非常に大きい場合を除いて、共布でなくても綺麗に仕上がる場合が多いです(素材の質感などにも拠ります)補修の為のミシン糸は広範囲にわたり縫い込まれていますが、しっかりと生地になじんでいると思います。是非症状が軽いうちにお試し下さいませ!¥3,300(税別)
ブラック事例 ブラック事例
スーツパンツ(黒/ストライプ)の股(左右両側2箇所)の破れ補修です。共布ではなく類似する生地を充て布として使用しています。ストライプは薄くなってしまいましたが、違和感なく仕上がりました。¥2,000(税別)