WORKS 修理事例

GRAY

修理事例を生地の色ごとに整理しました

*該当する色のボタンを押して下さい

グレーパンツ股ぐりの修理 グレーパンツ股ぐりの修理
スーツズボン(グレー)の股(片側)の破れ修理ですです。あて布に共布を使用しました。完璧に仕上がりました。破れ箇所の状態×生地の特徴が仕上がりに影響しますので、修理痕が目立つ品物、目立たない品物があり、仕上がりの状態に優劣があります。¥2,500(税別)
グレーパンツの穴の修理 グレーパンツの穴の修理
スーツのズボン(グレー/ストライプ)の股(両側2箇所)の穴の修理です。共布を裾から調達して当て布に使用しています。ストライプを合わせて違和感なく仕上げることが出来ました。生地が歪んでしまっているとストライプが合わなくなることがあります。やはり貫通した穴は、共布=品物と同じ生地を使用した方が、修理箇所がなじみます。修理金額¥4,300(税別)
グレー格子 グレー格子
スーツズボン(グレー/格子柄)の股(両側2箇所)の破れ補修です。あて布には類似する布(サービス)を活用して補修しました。¥¥3,300(税別)
股修理(グレー) 股修理(グレー)
スーツパンツ(グレー/ストライプ)の股(両側2箇所)の破れ補修です。類似する布を”当て布”として使用。穴が貫通している場合は、穴から当て布が見えますので、特にストライプの場合は、可能なかぎり共布での修理を推奨しております。共布がない場合でも対応可能です。*是非スマホで画像を拡大してご確認下さい。非常に細かく、均一にミシン補修(ミシン刺し)がなされているのをご覧頂きたいです。¥3,300(税別)
パンツ破れ修理(グレー) パンツ破れ修理(グレー)
スーツパンツ(グレー/無地)の股(両側2箇所)の破れ補修です。お客様にご用意頂きました共布を使用しています。こちらの素材はグレーと黒の2色の糸で構成されており、横糸の黒糸がまだ残っている状態です。この黒色の横糸をカットせずに補修しますと、修理箇所のみ”黒色”となり、目立ってしまいますので、これを回避する為に黒糸をカットしました。画像を拡大して頂きますと認識できますが、この場合、修理箇所の中心部に段差が発生します。グレー素材のパンツに修理箇所が黒くなる ≪ 修理箇所に段差ができる 今回は後者の状態の方が適切であると判断し修理に望みました。*横糸を切らずに残した方がよいケースもあります。¥3,300(税別) 
股破れ修理(グレーストライプ) 股破れ修理(グレーストライプ)
スーツパンツ(グレー/ストライプ)の股(両側2箇所)の破れ補修です。股の中心より片側に貫通した穴があり、もう一方は、生地が薄くなり摩耗している状態です。お客様にご用意頂いた共布を使用しました。濃いめのグレーは黒色素材同様に修理痕が目立ちにくい色彩です。こちらもかなり広範囲を補修していますが、ご覧のとおりの仕上がりです。是非スマートフォンなどで画像を拡大してご覧頂けますと幸いです。¥3,300(税別)
グレーの修理事例 グレーの修理事例
スーツパンツ(グレー/チェック)の股(両側2箇所)の破れ修理です。股の中心の片側に穴が貫通しており、逆側は生地が摩耗してうすくなっている状態です。共布ではなく類似する生地を充て布として使用していますので、貫通している穴の部分の仕上がりが周囲の色と比べて少し暗い色となっています。全体としては補修の糸が素材に馴染んで綺麗に仕上がっていると思います。¥3,300(税別)